【失敗談】GoogleAdSenseに合格して気付いた3つの失敗

ブログ初心者
この記事は約7分で読めます。

ついにこの画面をSNSのタイムラインでなく自分のPC画面で見ることができました!

これは何かというとGoogleAdSenseという個人の発信するコンテンツにGoogle社が広告を掲載してくれるサービスです

自分のコンテンツに広告バナーを貼ることができてクリックされると報酬が個人に支払われます(1pv=30~50円)

ただしこれには審査が必要で誰でも広告を貼れるというわけではありません

ぼくは過去2度この審査を受けて不合格通知を受け取ってきましたので当時はかなり悔しい思いをしたことを覚えています

その時にやってしまっていた失敗を3つのポイントにまとめて紹介したいと思います

失敗

まずはぼくのブログ歴を紹介します

  • 2021年5月ひとりーまんのサラリーマンライフ開設(7か月目)
  • WordPress使用
  • 執筆記事は24記事
  • 更新頻度は大体2週に1記事(もっと書いていないかも)
  • アフィリエイト報酬無し

だいたいこのような感じで本格的なブログ作成できる環境にありながらあまり活発とは言えません

この中から失敗のポイントを抽出していきます

そもそも書いてない

そもそも書いていないとはどういうことかというと
ブログの更新頻度が低すぎるという意味です

確かにブログは更新頻度を高くすればSNSのようにバズって検索エンジンのトップに出るようなことは無いのですが
更新頻度が低いことで5つのデメリットが生まれます

  • 読まれない(誰にも気付かれない)
  • レンタルサーバー代がもったいない(年間¥12000)
  • ライティング力が付かない(むしろ弱まる)
  • 更新頻度の低さに自ら病む(脅迫観念にかられる)
  • 社会生活に支障をきたす(ブログの事が気になって仕事が手につかない)

自分の事を表現したい
自分の発信で誰かに幸せになってもらいたい
あわよくばその発信から少しでも稼げるようになりたい

こう考えて意を決して始めたブログもこうなってしまっては
もはや自分が何をしたいのかもわからなくなってきますよね

ひとりーまんのブログ更新頻度

ぼくのブログの更新頻度は先ほども書いたように大体2週に1記事ペースです

この数字は真面目にブログに取り組んでいる人から見たら鼻で笑われるレベルなのです

では最適な更新頻度はどれくらいなのでしょう?

答えが全く見つからなかったので有名ブロガーに聞いてみました

有名ブロガーに聞いてみた

ぼくはブログを開設してから多くの有名ブロガーの音声メディアやブログ記事に触れて
ブログ執筆に関する情報を得てきました

ただ有名ブロガーの提唱するブログの最適更新頻度は実はマチマチで
”毎日更新しなさい”という人もいれば”週に1記事良質なコンテンツを作りなさい”という人もいて
全然統一されていませんでした(更新頻度に対して言及する人もあまり多くない印象)

結局 最適な更新頻度はどれくらい?

有名ブロガーの声を聞いても答えが出てこなかったのですが
結局ぼくたちはどのペースでブログを更新すればいいのでしょうか?

答えは良質なコンテンツを毎日更新しなさいということなんです

良いとこ取りでスパルタのように聞こえるかもしれませんが
今となっては本当にその通りだと思っています

良質なコンテンツは一日にして成らず

有名ブロガーもかつては素人で有名になるまで(なってからも)
ブログに膨大な時間と労力をつぎ込んでいます

更新頻度について意見は統一されていませんが唯一統一感があるとすればブログに投下してきた時間と労力

ぼくたちと桁が3つくらい違います(初心者はまず1000時間頑張れとか言われます)

この桁違いの時間と労力から有益なコンテンツが徐々に生まれてきたのです

結局は楽器やスポーツと同じで投下した時間と労力いわば熱意が結果につながるというわけですね

自分語りをしている

とはいってもなんとか2週に1記事ブログを更新して
FacebookやTwitterでブログ更新の案内を出していたのですが
全然読まれていません

実際の数字がこちら↓

ブログ開設から7か月間で合計1264回しかページを開かれていません(読まれているかも疑問)

どうして読まれないのだろう?と最初は本当に意味がわからなかったのですが
有名ブロガーのしゅうへいさんのVoicyを聞いていると
めちゃくちゃ耳の痛い言葉が飛んできました

”自分語りをしているブログは読まれないし伸びない”

自分語りとは文字通りで自分の身の回りの事を発信することで

  • 〇〇で食べたラーメンが美味しかった
  • 久しぶりに自転車に乗ってコンビニに行く途中に転倒してヒザをすりむいた
  • 毎日の通勤距離が長くてダルい

といったような誰の得にもならない自分の身の回りの出来事をダラダラと書くことです

本来ブログというのは困っている事柄を簡単に調べて簡単に解決したい人が読むものなので
読んだとしても自分に課せられている課題や問題が解決しない文章は読まれないのです

この言葉を聞いてすぐに自分のブログを振り返ってみると出てくる出てくる自分語り・・・

一通り読み返して自分語りをしているブログを整理すると当時20記事あった
ひとりーまんのサラリーマンライフは半分の10記事にまで減りました

どうせ自分なんて・・・とあきらめていた

冒頭にも書きましたようにぼくはGoogleAdSenseの審査に2度落ちているのですが
実は2度目の不合格通知を受け取った際に心が折れていました

頑張って書いて拡散しても読まれませんしアフィリエイト報酬も発生しない
ただただ自らを消耗しているような気がして正直落ち込んでいましたね

ここであきらめていたことがぼくの最大の失敗だったと今となって気付きました

なぜかというとGoogle Adsenseの合格基準はある一定のフォームを満たしていること以外の
合格基準を公開していないので何が合格基準を満たしたのかそもそもわからないからです

それに今はSEOの基準もどんどん変わってきていてどのような記事がトップページに上がるのかも
判らない状況なので裏を返せば書いて公開していればだれにでもチャンスがある状態だったと言えます

ここであきらめずに更新を続けていればぼくはもっと早く合格通知を受け取っていたかもしれません

失敗談のまとめ

このような失敗をしないためにブログ執筆を志す人がとるべき行動は

困っている人を助けられるような良質なコンテンツをあきらめずに毎日書き続ける!!

ということになります

毎日取り組まないと毎日更新できるはずはありませんし
質を高めるには量も十分に必要です

失敗してもあきらめない心というのはブログに限らずその分野でも必要なものではないでしょうか?

失敗を認めて改善すること

夜明けは絶対にきます

ブログ執筆だけでなくどんなことでも必ず失敗します

月に数千万稼いでいるブロガーや年俸100億円稼いでいるプロサッカー選手も
最初はキーボードの打ち方から始めたわけですしリフティング10回継続させることから始めたわけです

今では華々しい側面しか見ることができなくてもその裏では考えられないような努力をしていますし
過去ぼくたちの数百倍もの失敗を繰り返してきたからこそ現在の活躍があるわけです

これは名言 心に刻み込んでおきたいものですね

そして失敗したあとはくよくよ落ち込む前に何が間違っていたのかを模索すること
できれば失敗の素を突き止めることが大事です

失敗を振り返らずに間違ったことを突き進めていても残念ながら結果は付いてきません

何が失敗なのかわからなければ書籍やネットを十分に活用して自分で見つけるクセをつけましょう

まとめ

今回はぼくがGoogleAdSenseに合格するまでにやってしまっていた失敗を3つのポイントにまとめました

もう一度振り返りますが

困っている人を助けられるような良質なコンテンツをあきらめずに毎日書き続ける!!

若干精神論も入っていますがあきらめずにコツコツ取り組んでいれば必ず結果は付いてくると思います

この記事がこれからブログを志す方の一助になれれば幸いです

ブログを始めるならエックスサーバー

コメント

タイトルとURLをコピーしました