【15分で1000円】時代が変わってきていることをしっかりと受け止めることで新しいことを始める人を認めて欲しい

みんなの銀行
この記事は約6分で読めます。

何するにしても手続きって非常に面倒ですよね

特に銀行口座の開設や新規カードの開設にいたっては
スマホで登録できてもカードの配送は必ず本人が受け取りしなければならないとか
わずらわしいことが多々あります

でもみんなの銀行はたった15分で登録完了して
カード発行が無いので郵便局員を家の中で待つといったこともありません

しかも今なら紹介コードを打つだけで一人当たり1000円
登録したみんなの銀行口座に振り込まれる素晴らしい特典もついていますので
これはやるしかないと思い苦手な手続きをしてみましたので紹介します

※紹介コードを入力して報酬をゲット!

みんなの銀行とは

福岡県にオフィスを構える正式商号”株式会社みんなの銀行”で
設立年月は2019年8月15日 終戦記念日です

株式会社ふくおかフィナンシャルグループの100%子会社ですので
まずは怪しい会社でないことがわかります

HPはモノクロが基調となっていて
印象としてはムダを徹底的に排除したシンプルな作りになっていました

登録してみよう

登録方法4ステップ

では登録方法を簡単に解説します

まずアプリケーションをダウンロードします

ダウンロード完了したら「開く」を押してください

登録は大きく上記写真の4つから構成されていて
どれも本当に最低限の入力だけで済みますのでサクサク進みます

入力フォームもスマホの画面いっぱいにこんな感じで出てきてくれて
非常に見やすいですし入力していたらいきなり画面が大きくなったり小さくなったりすることもありませんのでノンストレス

次に本人確認書類アップロードですが
免許証やマイナンバーカードの登録をおこなうものです

僕は免許証で登録しましたが表と裏をスマホで写真に撮るだけで
ラクラクできました

ただ手順2と手順3は同一のものでないといけないので
まだしまわないようにしてください

次に手順3ですが感想としてこれが一番時間がかかりましたね

それでも5分くらい

ここではビデオチャットが接続されて
自分の映った顔と本人確認書類を指示の通り動かしたりするだけです

LINE証券の登録も同じような事をした記憶がありますね

4まで進むとこのような画面が出ますので「次へ」をタップしましょう

支店名登録

ここがみんなの銀行のおもしろいところなのですが
みんなの銀行も支店がちゃんとあるのですが
なんと支店名が世界の有名な橋の名前なのです

銀行口座を使って振り込みや振り替えをする際
支店名が必要になってくることから
一応指定しているのでしょう

支店名は以下

7つの支店から好きなものを選んでください

因みに僕は苗字に”金”が付くのでゴールデンゲートブリッジ支店にしました

紹介コード入力方法

提携する銀行口座の入力等ありますがこれもサクサク進めることができますが
大事なのは紹介コードの入力です

冒頭にも書きましたが現在みんなの銀行はキャンペーンをおこなっていて
紹介コードを入力すると紹介した人と紹介された人両方に1000円が振り込まれることになっています

逆に紹介コードを入力しなければ紹介した人にも紹介された人にも1000円は振り込まれません

この紹介コードは登録したその日から自分も発行することができて
その紹介コードを誰かに使ってもらえばまた1000円が振り込まれることになっています

最大300人まで紹介できるそうなのでチャレンジしてみてください

この画面が出てきたら紹介コードを入力してください

因みに僕の紹介コードは→bugbHCye

コピーして貼り付ける方が確実ですのでお間違えないよう

※紹介コード入力欄の下に小さく”紹介コードを入れずに先へ”とありますが
誤ってここを押してしまわないよう注意してくださいね

完了~振込

これで手続きは完了しました

翌日には紹介した人にも紹介された人にも1000円が振り込まれています

アプリのトップページも非常にシンプルで色んなアイコンが無いので
操作は非常に簡単です

知らない恐怖を克服しよう

恐怖の正体

僕は自分の親のことを怖いと思いませんが親友の親は怖いと思います

その違いは何なのかというと情報量の違いです

こういう記事を見たら多くの人が”怪しい”とか”詐欺かも”と疑念を抱きます

だまされたらイヤだとか多額の請求がくるかもしれないから怖いという人もいます

しかしこういった人たちが抱く恐怖の正体は”その物事に対しての情報が無い”状態と言えます

恐怖の克服

とはいえ恐怖を感じてしまうのは致し方ないと思いますが
大事なのは思考停止で恐怖を感じてしまうこと

なんとなく怪しいからいやだ

というやつですね

これを繰り返していては新しい物事が発生した時に手を出さず
それが一般化するまで手を出さないでしょう

LINEの時もそうだった

良い例がLINEの普及です

僕はLINEが出たばかりの時に部下からこういうチャットツールがあるから試してみませんか?と紹介されました

当時ググったりする習慣が僕にはなかったので部下に概要を聞いてその場で登録しました

そしてLINEの便利さを知って上司に何度も説明してLINEのアプリを取るよう説得しましたが”怪しい”と言われて登録してもらえませんでした

結局僕が登録してから1年くらい後に上司はLINEがメジャーなコミュニケーションツールであると知って登録することとなりました

僕の母親に至ってはLINEは怪しいしお金がかかると言って
2年前くらいまで僕とEメールでやり取りしていたので非常に面倒でした

恐怖を克服するには知るしかない

結局僕の上司や母親は何に恐怖を感じていたのかと言えば

  • LINEというものがどういうものなのか
  • お金はかかるのか
  • どうやって使うのか

これだけです

ググれば5分で解決するような問題に恐怖を感じていたわけです

新しいツールやアプリに関して恐怖を感じる前に
まずはそれについてググってみることが恐怖の克服への一番の近道です

まとめ

こんなことを書いている僕もVoicyを聴いた時は怪しいと思いました

ただ一度耳に残ったので関連記事を読んだりホームページをのぞいたりしながらみんなの銀行に対する信頼を自分でつかんでいきました

2021年になっても新しいことをする人を変人扱いする人は一定数います

そういう人たちはスマホで15分で銀行口座が開設できて物理的にカードが無いということに恐怖を感じてスルーするでしょう

そしてこれがメジャーになって紹介キャンペーンも終わったころに開設するという流れになります

僕はそれでも良いと思っています

実際それで得を逃してしまうのは本人だけなので全く問題ありません

ただその恐怖を自分以外の人に振りまいたりそれをネタに新しいことをする人をバカにしたりする人がいます

しかし世界は新しいことが生まれるから発展しています

新しいことが生まれる時には受け取る側も発信する側も一定の恐怖があります

それを克服するにはしっかり調べて理解すること

これ一択なのです

今回生まれたみんなの銀行は今後メジャーになっていくと思います

みんなみんなの銀行に登録してみんなでカードレスライフをおくりましょう

登録はこちら

【みんなの銀行】口座開設で1,000円プレゼント
アプリをダウンロードし口座開設時に紹介コードを入力してください
ダウンロード:https://app.adjust.com/2tho638
紹介コード:bugbHCye

※金額は変更になる可能性があります。詳細や適用条件は口座開設時の注意事項をご覧ください

コメント

タイトルとURLをコピーしました